画像

ヨーロッパでのエネルギー価格の急上昇、生産ラインの閉鎖により、フィンランドでティッシュが不足する可能性があります

フィンランドの製紙会社フィンリン ハウスホールド ペーパーは、ヨーロッパでのエネルギー価格の高騰により、ここ数週間で紙製品の生産を削減したと述べています。ペーパーカップファン

26日、フィンランド放送協会によると、フィンリン家庭紙は、さらなる生産ラインの閉鎖がトイレットペーパーなどの製品不足につながる可能性があると警告した.Peペーパーファン

以前、ドイツとスロバキアの同社の工場は、ヨーロッパのエネルギー価格の急騰により一時的に閉鎖されていました。ペーパーファンカップ

IMG_20220815_160349

同社の北欧市場ディレクターであるジャンニ・シランペ氏は、ヨーロッパのエネルギーコストの高騰が製紙会社の業務を妨げており、中央ヨーロッパと東ヨーロッパが最も深刻な影響を受けていると語った。カップうちわ紙

彼は、ヨーロッパの電力価格は史上最高であり、現在北欧諸国の状況はわずかに改善されているが、上昇する可能性があると述べた.ペーパーファン生

https://www.nndhpaper.com/paper-cup-fan/

同社はヨーロッパに 9 つの製紙工場を持っており、フィンランド中南部の工場での生産は当面影響を受けていませんが、ティッシュペーパーとキッチンペーパーの多くは地元で生産されておらず、中央ヨーロッパからフィンランドに輸出する必要があります。 .ブランク ファン カップ

トイレットペーパー価格の上昇によるコストは、消費者に転嫁される可能性があります。カップ・ボウル・ペーパー


投稿時間: 2022 年 8 月 30 日